14本中2本をパターに!? “二刀流”がメリット大な理由

DMM.com いろいろレンタル

パターといえば“1本持ち”が常識――。だが、多くの女子プロゴルファーを教えるパッティングコーチ・大本研太郎氏が推奨するのは、14本中2本を異なるモデルでそろえる“二刀流”だ。青木瀬令奈が今季取り入れた試合と練習時で替えるスタイルとは違う、バッグに異なる2本を入れ、グリーン上で使い分けるセッティング。その意図する根拠と効果を大本氏に聞いた。 ■実は10年以上前から提案? 流行しなかったのはプロのせい 初めに考案した経緯について聞くと、第一声で苦笑いを浮かべる大本氏。「実はこの理論は、今に始まったわけではなく、10年以上前からアマチュアの方にすすめているものです。誰も積極的に採用してくれないため、..
Source: GDOニュース
14本中2本をパターに!? “二刀流”がメリット大な理由

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる