『ルーキーズの群雄割拠 女子ゴルフ界でいま、何が起きているのか?』

DMM.com いろいろレンタル
目次

『ルーキーズの群雄割拠 女子ゴルフ界でいま、何が起きているのか?』

 この夏以降、女子ゴルフでは「ルーキー」たちが奮闘を続けています。まずは8月14日、20歳のルーキー・岩井千怜が「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で初優勝。するとその翌週、「CAT Ladies2022」で2週連続優勝を成し遂げます。

 ルーキーがツアー初優勝から2週連続優勝を飾るのは史上3人目の快挙。さらに、20歳47日での2週連続Vは史上最年少、として話題となりました。

 岩井千怜の初優勝から約1ヵ月後の9月11日、今度は国内メジャー大会「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で、19歳のルーキー・川崎春花がツアー初優勝を飾ります。19歳133日での優勝は大会史上最年少。予選会から本戦に出場しての優勝は史上初。10代での国内メジャー制覇は畑岡奈紗に次ぐ2人目の快挙、と異例づくしの優勝でした。

 この興奮も冷めやらぬ翌週9月18日、今度は「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」で19歳のルーキー・尾関彩美悠が初優勝。ルーキーの19歳が2週連続でツアー初優勝を飾るのは、これまた史上初の快挙となります。

続きを読む
Source: ゴルフ情報まとめてみた
『ルーキーズの群雄割拠 女子ゴルフ界でいま、何が起きているのか?』

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる