【評価レビュー】ボイスキャディ TL1レーザー距離計|全てが高次元でまとまった傑作【口コミ・評判】

DMM.com いろいろレンタル

ボイスキャディTL1 レーザー距離計を発売前にメーカーよりサンプル機を提供してもらったので、実際にラウンドテストを行い使用感をチェックしたのでレビューしていきたいと思います。

ボイスキャディといえば、USLPGA公式距離計ということでも有名ですし、今やかなり信頼性の高い距離計メーカーでございます。

個人的にも実際に色々な距離計を触ってきているのだけど、どれもクオリティが高くて良いものづくりをしているなと毎回関心させられています。

ということなんですが、今作TL1は2022年モデルの新作で、日本での発売2022年9月15日。価格は48,400円とのこと。

価格的にもハイエンドレーザー距離計に位置づけられる今作ですが、個人的にはこの価格でも納得しています。それどころかむしろ安いとすら思えるほど高次元でまとまった傑作であると断言できます。

価格よりも機能重視で選びたいと考えてる方にはとても魅力的なレーザー距離計だ思うので、とにかく良いものが欲しい人はチェックしておくのがおすすめです。

それでは、ボイスキャディTL1を実際にラウンドで使用した感想をもとに、良かった点とイマイチだった点を正直にレビューしていきます。購入の参考にしてもらえれば幸いです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします
目次

ボイスキャディ TL1の外観やサイズ感

サイズ/重量 横39.7mm × 縦70mm × 高さ108.6mm/202g(誤差範囲±2g/シリコンケースなし)
マットグレー
構成 本体、ポーチ、シリコンケース(YELLOW)、乾電池、マニュアル、クリーナー ※ポーチの場合、色移りしやすいので、他の物と分けて洗ってください。
重要機能 6倍率、2 Color OLED、ピントレーサー、V-アルゴリズム、スロープ・ノンスロープ
提供データ 補正距離/高低/実測距離
光学倍率 6X
測定範囲 5〜1000ヤード(1ヤード=0.91m)
誤差範囲 1ヤード以内
画面 OLED
電源・バッテリー リチウム CR2-3V
レーザー安全基準 ボディ-アルミニウム、PC+ABS/ボタン-ABS
機資材名 ボイスキャディレーザーTL1
製造者/製造国 VC Inc./中国
保証期間 製品購入後1年間(但し、その他の高製品は6ヶ月)
総輸入元 VC Japan株式会社 Address:160-0008 新宿区四谷三栄町10-11 三栄ハウス203
お客様センター 株式会社ひさいスポーツ Address:514-1118 三重県津市久居新町3006 ポルタひさい2F Call:059-255-8106
レーザー安全基準 1M
発売 2022年9月

マットグレーとホワイト(パールホワイト?)のカラーリング。デザインはとてもミニマルで無駄のないシンプルなのに細部までしっかりと作り込まれているので高級感があります。

グレーの部分は少し汚れやすそうな気もしますが、すべすべしていて気持ちのいい触り心地です。

 

手に乗せてみた場合のサイズ感がこちら。サイズは大きめです。

 

グリップした時はこんな感じ。

 

ちなみにですが、女性が持った時はこんなサイズ感です。やはり大きいは大きい。

コンパクトさは全くないけれど、中身が良すぎるのでこれも気にならなくなってしまったから恐れ入る。

 

本体上部には計測ボタンとモード切り替えボタンがあります。

 

覗く部分がこちら。

 

レーザー照射口もしっかりと作り込まれています。細部に渡って高級感のある仕上げ。

 

本体横にはスライド式の高低差(スロープ・ノンスロープ)切り替えスイッチがあります。

 

スライドするとこうなります。この部分はしっかりと硬さがあるので、ポケットやケースに入れた時に勝手に切り替わってしまうことがありません。

動かしづらいというデメリットはあるものの、勝手に切り替わってしまう方が嫌なので嬉しい調整かなと思っています。

 

ボイスキャディTL1は充電式ではなくて電池タイプ。

個人的には電池をわざわざ準備しなくてもいい充電タイプが好みなのだけど、バッテリーのヘタリを気にする層もいるようなのでこれはこれで有り。だと思う。

 

今作は珍しくシリコンケースが用意されています。付属品はイエローです。

 

本体はミニマルなデザインなのに、ケースはまさかの原色使いという謎仕様なのが気に入らないところなのですが、保護目的だと考えると嬉しい配慮です。

付属品はグレーやブラックみたいなカラーでも良かった気がします。次回作でもシリコンケースを採用するなら検討してもらいたい。

 

ちなみに別売りで他のカラーも用意されています。

 

あとマグネットアタッチメントが搭載されました。アイアンヘッドやカートの金属フレーム部分にくっつけることができます。

磁力もまあまあ強いので、簡単に取れてしまうことはありませんでした。

 

ボイスキャディTL1の良かったところ

それではボイスキャディTL1を実際に3ラウンドで使ってみて感じた、良かったところを紹介していきます。

凄まじい計測スピード。現状ナンバーワンはこれ

TL1は上記画像でも確認できるように、メーカーは0.1秒台の測定速度を謳っていてかなり速いらしい。

 

まあ最近のレーザー距離計はどんどんスピードが上がっているし対して変わりないでしょう、と思っていたのだけど、実際に使ってみると衝撃が走りました。

圧倒的なスピードです。あまりの速さに「うわ!はやっ!!!!」という声が出てしまうほど。

この記事を執筆している段階ではナンバーワンです。

昨今は0.1秒以下を謳う距離計がチラホラありますが、そんなものは全く歯が立たないほどに速いです。

これが最速!現段階では他の距離計では勝負にならないという感想です。スピード重視なら間違いなく満足できる使用感です。

 

小さなターゲットの認識率がずば抜けて高い

測定スピードが鬼のように速いということは既に書いていますが、ボタンを押してからの反応速度に加えて、ターゲットの認識率の高さがスピードにも結びついているのではないかと思います。

TL1はターゲットの全領域、どの部分でもしっかりと認識して計測ができますよ、とのこと。

実際に使ってみるとわかったのですが、明らかにピンと木が重なった状態でも誤認識することが少ないです。

ボタンを押してからの反応スピードと、この認識率の高さが合わさったことで、異次元のスピード計測実現している。のだと思う。

手ブレ補正があれば尚うれしいとは思うけれど、それすら必要としないほど安定感のある計測が一瞬で完了します。

 

2カラーOLEDディスプレイの自動調光が秀逸

ボイスキャディのレーザー距離計ではもうお馴染みの2カラーOLEDを採用しています。

滲みのないクリアな画面でとにかくキレイ。

そして今作の良かったところは、明るさの自動調整機能が備わったことです。これは本当に嬉しい機能でした。

OLED搭載のレーザー距離計であれば、明るさ調整を行うことができるのが普通ではあるのだけど、手動での調整はまあ面倒なんですよね。

ところがこれが自動で行ってくれるので面倒な操作が必要なくて、プレーの妨げにもなりません。これは実際に使ってみるとめちゃくちゃ嬉しいポイントでした。

 

ボイスキャディTL1の気になったところ

ボイスキャディTL1は粗探しをしても弱点がほぼありませんでした。

完成度は正直ズバ抜けて高いですが、すこし気になった点を紹介します。

シリコンケースを付けるとさすがに重たい

今作は本体自体も200g以上になるため、そもそもが重たいのですが、そこにシリコンケースを付けると250gとなってしまいます。

 

ケース自体が34gとまあまあ重たいんですよねー。とはいえ重さが気になるなら付けなければ良いだけの話しではあって、TL1自体の弱点というには弱すぎるポイント。

つまり弱点らしい弱点がほぼないという状況です。

今の所の使用感では致命的な弱点も見当たらず、やはり最強なのか?という状態。

 

ボイスキャディTL1の精度を検証

計測スピードも速いし、安定感も申し分ありませんが、精度が駄目なら全てが無駄。ということで、いつもどおブッシュネルとの精度比較を行いました。

結論をいうと、精度は問題がなくブッシュネルと比較しても遜色ない性能。安心して使うことが可能です。

右側がブッシュネル ツアーV5です。ブッシュネルは画面下が補正距離、ボイスキャディTL1は画面上部が高低差補正後の距離です。

やや見づらいので申し訳ありませんが、高低差補正後の距離は135ヤードと同じ測定ができています。

直線距離は1ヤードズレてしまっていますが、誤差の範囲でしょう。

 

こちらも補正距離は同じで、直線距離が1ヤードのズレ。

 

こちらはどちらも同じ数字です。

というように、3ラウンドひたすら計測距離を比較してみましたけれど、ズレても1ヤード以下の誤差という感じでした。

精度は申し分ありません。

 

ボイスキャディTL1はこんな人におすすめ

ボイスキャディTL1がおすすめなのは以下のような方。

  • 価格よりもとにかく性能重視の方
  • 計測全体のスピードアップを図りたい方
  • 見た目にこだわりがあるデザイン重視の方

今作は48,400円ということなんで正直言って価格は高めです。最近は2万円ぐらい、それどころか2万円以下でもそれなりに高性能なレーザー距離計が溢れている状況。

そんな中、値段抜きにしてとにかく性能の良いモデルが欲しい。ハイエンド機でないと満足できません!という方には間違いなくおすすめできます。

けっこう値段度外視でどれが良いですか?みたいなことを聞かれることが多いんですけど、これです。今ならボイスキャディTL1です。

そして次にスピード重視の方にもおすすめです。ボタンを押してからの反応速度、ターゲットの認識率の高さなど、とにかくスムーズに計測を行える要素を突き詰めた距離計です。

速ければ速いほど使用感は良くなるので、スピードを追い求めたい方に最適です。

あと、デザインもすごくカッコいいと思います。ミニマルで洗練された見た目で、しかも高級感もあるので、所有感も満たされます。

 

ボイスキャディTL1の総合評価

ボイスキャディTL1の紹介でした。総合評価はこのような感じです。

価格は高めであることや、重量がありますが、それ以外の機能性では現状だと抜けた存在にはなったなと思うのでこんなカタチになりました。

計測性能は素晴らしくて、執筆時点ではナンバーワンです。これだったらこの値段を払っても良いと思える完成度でした。

今回は提供で頂いたものではあるのですが、今後これを超えるものが出てこない限りは個人的にもメイン使用していこうと思います。

おすすめ度

合わせて読みたい

関連レーザー距離計おすすめ人気ランキング(ゴルフ用)|価格別に分けて紹介【コスパ+口コミ&評判+選び方】

関連ボイスキャディSL2評価レビュー|タッチ操作可能なゴルフナビ機能付きレーザー距離計

関連【評価レビュー】ボイスキャディT9|最先端のテクノロジーを詰め込んだゴルフウォッチ【口コミ・評判】

関連【評価レビュー】ファインキャディJ3 レーザー距離計|神レーザーの後継モデル【口コミ・評判】

関連 【レビュー】ファインキャディJ1000|OLEDディスプレイ搭載レーザー距離計では驚きのコスパ

関連ファインキャディJ300レーザー距離計 評価レビュー|使用感は神の領域に進化

関連【レビュー】ゴルフバディGB LASER atom|ミニミを超えた超小型レーザー距離計【口コミ・評価】

関連【GOLFBUDDY GB LASER lite評価レビュー】コスパ最強のレーザー距離計が爆誕

関連「ゴルフバディaim L11」レーザー距離計評価レビュー【口コミ】前作から使用感が格段に向上

関連【ブッシュネル ツアーV5シフトジョルト評価レビュー】計測爆速&正確で使いやすさも最高なレーザー距離計


Source: サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
【評価レビュー】ボイスキャディ TL1レーザー距離計|全てが高次元でまとまった傑作【口コミ・評判】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる